Sample Image

売買単位とミニ株とは?

株価を調べるには新聞や会社四季報、株式投資の雑誌などを見ます。
今では証券会社のホームページなどを使うと、
企業名などから簡単に調べられますので、そちらを使う人も多いでしょう。

これらに掲載されている株価は1株の値段です。
しかし、実際に株を買う場合はある程度まとまった株数からでないと買うことができません。

この購入可能売買単位のことを「単元株」といいます。
単元株はその企業が上場時に決めることができるため、
1株から買うことのできる株もありますがほとんどの場合は1,000株単位というのが一般的です。
つまり株価600円の株で、単元株が1,000株であれば60万円が必要ということです。
ただ、これは個人で購入するには少々高価です。

そこで証券会社の中には「ミニ株」という商品を取り扱っているところがあります。
ミニ株は単元株の10分の1で株を持てる商品。
先の例だと600円の株を100株から持つことができますから、
6万円あれば購入することができます。
株主優待は受けられないことがほとんどですが、配当はちゃんと10分の1もらえます。

ちなみに株主総会には単元株に満たない購入数の投資家は参加することができません。
これは、ミニ株が取り扱う証券会社の名義で買われる株だからです。

ミニ株は通常の株式投資に比べて、
少資金から始めることのできる利点はありますが、いくつか欠点もあります。
まず手数料が割高になる点。
そのため、短期での売買を繰り返すとコストがかさんでしまうことがあります。

またミニ株では購入できない銘柄があるのもミニ株の欠点です。
ほとんどの証券会社は東証などメジャーなところに、
上場している企業から厳選した銘柄をそろえていることがほとんど。
そのため、これからが期待できるマイナーな銘柄に投資するということはできません。

もっともこのような欠点は証券会社の努力によって解消されてきています。
手数料はどんどん下がってきていますし、
取扱銘柄も始まった当初に比べればかなり増えています。

まずは株式投資がどのようなものなのか知りたい人は、
少しずつでも投資をはじめていきたい人にお勧めの投資商品と言えるでしょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 kaikatanyu All Rights Reserved.