Sample Image

為替と株価の関係は?

株価というのは、基本的にはその企業の業績によって決まります。

その企業が上向きなら株価は高く、下向きなら株価は安くなります。
逆に言えば、株価の高い会社は儲かっていて、
株価の低い会社は儲かっていないとも言えるでしょう。

さて、株価に影響を与えるのは企業の業績だけではありません。
対外通貨の価格=為替も株価を変動させます。

なぜ為替が変わると株価も変わるのかを説明していきます。
まず一番大きく為替の影響を受けるのは、輸入や輸出を行っている企業です。
輸入・輸出で儲かるかどうかは為替によって変わってくるからです。
もちろんこれだけで決まるわけではありませんが、
一般に円高の際は輸入をする会社の株価が上がり、輸出をする会社の株価が下がります。
逆に円安の際は輸入する会社の株価が下がり、輸出する会社の株価が上がります。

円安を例に取れば、円が安いということはドルが高いということで、
輸出をすればそれだけ円に換算した手取額が増えるため、その会社は儲かることになります。
逆に円高になるということは、ドルが安いということで、輸出をすればそれだけ売上が落ちてしまうわけです。

その企業自体が輸入や輸出をしていない場合でも、
為替による影響を受けるケースは多々あります。
たとえば電力・ガス・紙・ガソリン・石油などの原料は、
その供給のほとんどを海外に頼っている状態です。
そのため、その企業自体が輸入や輸出をしなくても、
為替が変わることで材料費が変わります。
それがあまりに大きいと、その企業の生産や生産物の価格に影響が出るようになり、
ひいては業績・株価が変わることになるのです。

日本はほとんど資源のとれない国ですから、
どんなに市場を国内だけに絞った企業であっても、
為替の影響を全く受けないというのはかなりまれなことです。

今、株式投資をやっている人であれば、
投資先企業の業績だけではなく為替にも目を向けておくことは、
利益増大と損失縮小のために必要な事と言えます。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 kaikatanyu All Rights Reserved.