Sample Image

株式投資を始めるにはいくら必要?

株式投資は、数ある投資の中でも、
比較的リスクの低い投資ということができます。
というのは、FXなど少資金で大きなお金を動かす投資の場合、
最初に用意した資本金以上の損失が出ることがあるからです。

その点、株式の場合、どんなに損をしたとしても、
預けた資本金は0以下にはなりません。
また国内株式に投資先を絞れば、
情報も得やすいので総合的に見て、
初心者向けの投資方法ということができそうです。

では、この株式投資を始めるのにはいくら必要なのでしょうか。
これには「単元株」という言葉を理解しておく必要があります。
経済新聞などで企業の株価を見ると、
100円、1,000円といったものから何十万円といったものまで、
幅広い株価が並んでいます。

では株価100円の株であれば100円あれば買えるのかといえば、そうではありません。
株には購入するに際して単位が設定されています。
たとえばAという会社の株価が100円だったとしても、
1,000株単位でなければ買えない場合、購入するには10万円が必要になります。

この最小購入可能株数のことを「単元株」といいます。
単元株は企業が自由に決めることができるので、
1株から買える株もあれば、1,000株から買える株もあります。
ただし、単元株の上限は1,000株か、
発行済株式総数の200分の1と決められているので、その間になります。

こうして各企業が定めた単元株数だけ株を購入すれば、
あなたは晴れて「株主」の1人になれるわけです。
このようにそれぞれの株には単元株が定められているため、
必要資金は購入したい株によって決まってくると言うのが基本になります。

ただ、いくつか例外もあります。
証券会社では「ミニ株」や「累投」というように、
単元株に定められた株数に満たなくても、
購入することのできる仕組みがいくつか用意されています。
この場合は数千円から株式投資をすることが可能になります。

もっともこうした仕組みを使う場合は、手数料が変わったり、
購入できる株の数が制限されたり、株主優待や配当がもらえないこともあるので、
証券会社の説明をよく検討する必要があります。
こちらのサイトでは株の銘柄探しについてのわかりやすい解説が記載されていますので、ぜひご覧になってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 kaikatanyu All Rights Reserved.