Sample Image

複数の証券会社を上手に使いこなす方法

株式投資を始める場合、
この無数にある証券会社の中から自分で選んで口座を開設し、
取引をすることになります。

ただ、口座開設だけで開設費が取られたり、
口座をもっているだけで維持費をとられるならばともかく、
証券会社の口座はいくつ持っていても手数料等はかからないことがほとんどです。
そのため、自分の希望が複数ある場合は、
すべてをまかなってくれるところを1カ所探すのではなく、
それぞれのメリットに対して複数の口座を開設し、使い分けるようにすると良いでしょう。

主な分け方としては、売買時の手数料・ミニ株を取り扱っているか、
取り扱っている場合は自分が購入したい銘柄がちゃんと売買できるか、
夜間取引をやっているかなどを参考にすると良いでしょう。

まず売買手数料ですが、これは売買量が増えるとバカにならなくなります。
せっかく利益をだしても、手数料のせいで目減りしてしまうのはかなしいものがあります。
少資金からはじめることのできるミニ株は、
投資家からすればぜひ使いたい商品ですが、
サービス維持費などの都合から取り扱っていない証券会社もあります。
また、証券会社によってはミニ株では扱っていない銘柄もありますから開設前に注意するようにしましょう。

最後に夜間取引ですが、
サラリーマンなど帰ってくるのが夜間であることが多いのでぜひ使いたいサービスです。
通常、株式投資は取引所が閉まっている夜間はできませんが、
証券会社の顧客同士で売買を行うことで、
夜中でもトレードのできるサービスを展開しているところがいくつかあります。
取引可能時間と手数料は各社の間でかなり差があります。
自分の資金や取引スタイルなどに合わせて選ぶようにしてください。

以上のような観点で、いくつか証券口座を持っておくと、
各局目でより優位な条件で取引をすることができるようになります。
また複数口座をを持ち、資産を分散させておくと、
万が一証券会社が1つつぶれてしまった場合でも、
他でカバーできるというリスク分散の役にも立ちます。
こちらの重要な株価の値動きについての説明も、ぜひご覧になってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 kaikatanyu All Rights Reserved.