Sample Image

株式投資で得られる3つの利益

株式投資というのは、株価が安いときに株を買い、
高くなったときに売ることでその差額を利益としておさめる投資方法です。
株式の雑誌などではキャピタルゲインと呼ばれていることが多いので、
この言葉は覚えておくと良いでしょう。

株価の差分による利益が額としては一番大きいので、
一般に株式投資の利益といえばこのことを指します。
しかし、実は株式投資にはこの他にも2つ、合計3つの利益があります。

今回は残り2つについて説明していきます。
まずは「配当金」です。
これはインカムゲインとも呼ばれていて、
投資した会社の業績が好調で利益が出た場合、
それを株主に還元するというものです。

配当金がたくさん出るということは、
その会社がそれだけの利益を上げたということですね。
ちなみに配当金は持ち株数に応じて支払われるので、
その会社の株をより多く持っている人ほどたくさんもらうことができます。
ただ配当金を出すか出さないかはその企業の裁量で決まるので、
たとえ利益が出ていても配当金はでないことがあります。

次の利益は「株主優待」です。
これは各企業が株主に対して配当金とは別に用意する、
いわば感謝の現れとでもいうものです。

株主優待の内容はバラエティに富んでいます。
レストランチェーンであれば食事券、鉄道会社だったら乗車券や提携宿泊施設の宿泊券、
家電量販店であれば系列店だけで使えるポイントや商品券といった具合に、
その会社のサービスが提供されることが多いです。

さて、キャピタルゲインは株価が上がりさえすれば、
誰でも得られる利益ですが、配当金と株主優待はそうはいきません。
というのは、これらの利益はその企業が出すか出さないかを決めることができるものだからです。

ちなみにミニ株で株式を購入している人は注意が必要です。
ミニ株の場合、配当金は持ち株に応じて支払われますが、株主優待はもらえません。
これは、ミニ株の場合、証券会社名義で株を買っているからです。
もちろん、ミニ株を買い増していって、
単元株に到達すれば一般の株主と同じになるので、株主優待がもらえるようになります。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 kaikatanyu All Rights Reserved.