Sample Image

円高が株価や経済に与える影響

歴史的な円高が続く昨今。
アベノミクスにより若干の円安が進んだかに見えますが、
先行き不透明なユーロの様子によってはまだ何が起こるかわかりません。
これからの数年が為替の大きなトレンドを決定づける可能性は大きいと言えるでしょう。

この円高、株価や経済に多大な影響を与えています。
今、日本国内で何らかの株式を公開している企業は、
何かしら海外との関係を持っています。

自社商品・サービスの輸入や輸出をメインにしている企業であれば、
為替は業績を揺らすくらい大きな要素になります。
物作り日本が苦戦しているのも、
円高によって海外との資本的競争力で、
ハンデを負ってしまっている部分は少なくはありません。

自社製品の輸出入だけではありません。
たとえ自社商品やサービスの展開が国内100%であったとしても、
ほとんどの材料を海外に頼っている日本では為替がコストに直結します。
100%国内で材料を調達し、100%国内でつくったものを、
100%国内に供給する企業でも為替の影響を受けないとは言えません。

その企業に資金を融資する金融機関、
その企業の商品を運ぶ運送業、などなどそのつながりは実に複雑です。
かみ合う複雑な歯車のように、1カ所が受けた影響は巡り巡って、

最後には日本全体の経済にも影響を与えるようになるのです。
株価というのは、その国にある企業の元気の尺度とも言えます。
株価の高い企業が多いと言うことは、
それだけ利益を出している企業が多いということです。

日経平均の高い・安いは、
日本の景気を見るための最も重要な指標として使われます。
海外メディアが日本を報じる際も同様です。

このように為替・株価・日本経済には切っても切れない関係があります。
投資している企業や、これから投資する企業だけを見ていては、
買い時や売り時を見誤ってしまうことに成りかねません。

最初は新聞に載っているような大きな流れを見るだけでも構いません。
少しずつでも為替と、日本そして世界の経済を見るようにしていきましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 kaikatanyu All Rights Reserved.